お知らせ・ブログ

2018.12.18 | お知らせ |

足の冷え、痛み、痺れの症状の方へ

こんにちは、最近は風が強いようですね。

冷たい風で体温を下げないよう気を付けてください。

一度体温が違うだけで免疫の働きが大きく違いますので。

 

 

脚の冷えや痺れ、痛みを訴える患者さんをよくみます。

痛みや痺れの為に休みながらしか歩けない事を、間歇性(かんけつせい)跛行(はこう)といいます。

今回はこれらについて書いていきたいと思います。

 

 

注意すべき2つの疾患

 

①『腰部脊柱管(せきちゅうかん)狭窄症(きょうさくしょう)(SCS)』

脊柱管狭窄症の原因としては、主に椎間板ヘルニアや変性すべり症、加齢にともなう椎間板、椎体、椎間関節や椎弓の変性によるものが挙げられます。

要するに関節周辺の障害によるものですね。

 

②『閉塞性(へいそくせい)動脈(どうみゃく)硬化症(こうかしょう)(ASO)』

閉塞性動脈硬化症は動脈硬化により主にコレステロールが動脈の内側に沈着し、動脈の内腔が狭くなり循環障害を来した病態です。

つまり血管が詰まって血流が悪くなってしまった状態です。

症状は似ていますが全く別の病気です。

 

特に、閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患PADとも言う)による間歇性跛行を持っている人は15~20%近くが5年後に心臓や頭の病気で亡くなっている事実があります。

つまり動脈硬化は全身に起きる病気なので、60%以上の方に心臓や脳血管の病気が合併している事がわかっています。

しかも血管の詰まり具合の軽い重いで死亡率に差がありません。従って早期発見、予防が大切になります。

 

脚の症状は「安静時にも症状があるか」

「歩いた時だけか」に大きく分かれます。

脚に痛みや痺れ、冷えなどの症状がある方は

こう接骨院にご相談下さい。

 

年始年末のお知らせ

こう接骨院は年内31日まで通常通りずっと受付しています。

年明けは元旦から休まず受付けております。

急な痛み、症状が出てしまってもお電話でお問い合わせください。

お電話つながるようにして、ご予約お待ちしています。

 

倉敷市で交通事故治療、整体なら|こう接骨院痛み解決へ こう接骨院倉敷市交通事故治療・整骨院

〒710-1101
岡山県倉敷市茶屋町392-6 2階

閉じる

PAGE TOP