お知らせ・ブログ

痛み解決へ こう接骨院倉敷市交通事故治療・整骨院

小さい子供の肘の脱臼、、、肘内障とは

小さい子供の肘の脱臼、、、肘内障とは

こんにちは、

倉敷市で腰痛、交通事故治療に特化した

 

 

こう接骨院、院長木ノ上洸です。

 

 

 

 

 

先日、日曜に肘が抜けましたと、

 

 

小さな子供の肘の脱臼を治したので、

 

 

 

今回は、肘の脱臼(正式には亜脱臼と言いますが分かりやすいように表記します)

特に小さいお子さんがなる

肘内障についてお話していきます。

 

 

子供

 

 

2から6才のお子さんをお持ちの方で

 

 

・子供の手を引っ張ってから、

急に腕を押さえて泣き出した、、、

 

 

・手をつないでいたら、

急に腕を押さえて泣き出した

 

 

・子供が急に片方の腕を上げない

動かさなくなった

 

 

などの症状が見られると

肘が外れている状態

 

 

肘内障です。

 

 

肘内障の治しかた

 

 

まず、肘内障かどうかを確かめます。

 


腕をだらんと下げて

動かさないでいる場合があります。

 

 

これは、腕を下げていれば痛みが治まるからです。

 

 

泣きやんでも治っているわけではありません。

 

 

バンザイのかっこうが、できるかどうか見てみましょう。

 

仲良しの子どもたち

 

 

肘内障であれば、上げられません。

 

 

しかし、肩や手首の骨折というおそれもあるので、

 

 

念のためどの部分が痛いのか、

はれはないかなども確認してください。

 

 

そのうえで肘内障ということになれば整復します。

 

 


ひじの関節を、手のひらが上向きになるようにねじるだけで、

コクッという音がしてひじがはまります。

 

 

簡単ですが、

勝手にするのはオススメしません。

 

 

痛みも瞬時になくなるので、

大泣きしていた子どもがあっという間に泣きやみます。

 

 


腕が抜けたという表現から、

腕を引っ張れば治るのでは、

 

 

と考える人もいるかもしれませんが、

それは間違いです。

 

 

引っ張ることで悪化してしまうこともあるので、

整骨院、整形外科の先生に治してもらいましょう。

 

 

実際のところ、

なりやすい子はいます。

 

 

しかし、成長とともに

ならなくなるので心配は入りません。

 

 

なりやすい子には、

強く腕を引っ張ったりしないよう

 

 

気をつけてあげてください。

 

 

お知らせ

健康講座を開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、花粉症の対策について

お話です。

 

 

目がかゆい、、、

 

 

鼻水が止まらない、、、

 

 

そんな方はお話を聞きにきてください。

 

 

お待ちしたいます。

 

お名前*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

*は必須項目です。

※「送信内容を確認」「送信」ボタンは1回だけクリックして下さい。

こう接骨院

710-1101 岡山県倉敷市茶屋町392-6 2階
(セブンイレブン茶屋町店向かい)
※らーめん華一様と共同駐車場になります。

tel.:086-442-8224

e-mail:info@kou-sekkotsu.com

診療時間 : 午前 9:00 ~ 12:00 午後 14:00 ~ 20:00

※予約制です。お電話してから来院ください。

※日曜祝日も診療しています。ご予約ください。

電話受付時間 / 8:00 ~ 22:00

※急患随時お待ちしております。

休診日:不定休

 
午 前9:00〜12:00
午 後14:00~20:00
ARUHIマガジン ストレートネック 猫背